2013年3月29日金曜日

第11回「鳥取市民のソウルフード“鳥取とうふちくわ”の魅力とは?」その3


個性あふれる各メーカーの“とうふちくわ”が勢揃い。

“利きとうふちくわ”にあなたもチャレンジ!





これまでは、とうふちくわの“料理”を紹介してきましたが、“そのまま”でいっても美味な「鳥取とうふちくわ」。
現在鳥取県東部では全6社で作られており、豆腐と魚すり身の配合も様々(基本は豆腐7、すり身3)で、食感や味わいも実に多彩です。ゆえに家庭ごとに“お気に入り”もあるんだとか。
そこでやります、最終回の特別編。
「鳥取とうふちくわ」6種を一同に揃え、「利きとうふちくわ選手権」をお送りします!



パッケージも個性豊かな全6種

挑戦者も気合十分!


挑戦していただくのは、とうふちくわを愛する岩美町在住の河下哲志さん。そして、市民団体「鳥取とうふちくわ総研」代表・鳥取市在住の山崎めぐみさんのお二方。


用意したとうふちくわは『浦辺商店』『ちむら』『村上商店』『前田商店』『浜下商店』『かろや商店』の全6社より、最もスタンダードな“蒸し”のタイプ。
ルールは、事前に一度テイスティングしたのち、カットしたものを食べてどのメーカーのとうふちくわなのかを当てていただくというもの。

ところが、河下さんはなんと事前テイスティングなしでの挑戦を自ら志願!
「いつも食べているから食べなくてもわかる」というその“とうふちくわ愛”は、どのような結果をもたらすのでしょうか!?

それでは、結果をどうぞ!


“通”も頭を悩ます利きとうふちくわ

極めれば明るい見通しアリ!?


正解3、不正解3、正解率50%という結果はいかなるものでしょうか。

「鳥取とうふちくわは、鳥取の人にとっては“いつも食べているもの”。ゆえにいつも同じメーカーを食べている人が大半です。地元の人ほど案外食べ歩きしないのと同じですね。よって、この正解率は好成績だと思いますよ。すばらちくわ!」(「鳥取とうふちくわ総研」所長・植田英樹氏)


☆「お店によって味も歯ざわりもいろいろあるんだということを改めて知りました。一番のお気に入りはプリプリの村上商店のとうふちくわです!」(山崎さん)

★「いつも食べているけど、切ってしまうと穴の大きさなどの違いがわかりにくくなって難しかった。これからもとうふちくわを食べていきます」(河下さん)


※河下氏の「鳥取とうふちくわ」を使った味な芸術も注目!

画面の前の皆さんも、ぜひとも”利きとうふちくわ”に挑戦あれ。
よろちくわ!


「鳥取とうふちくわ」(130170円前後(セールなどの場合を除く))




●取材メモ
鳥取県東部の練り物コーナーを賑わす多彩な「とうふちくわ」たち。
店舗によっては数種類取り揃えていることも。
紹介した“蒸し”の他にも皮がパリッとした“焼き”やネギ入り、生姜入り、カレー風味などさまざまな味のバリエーションあり。
お好みのとうふちくわを買ってきて“利きとうふちくわ”はもちろん、“とうふちくわパーティー”も楽しんでみよう。

●店舗情報
店舗名:とうふちくわの里ちむら
住所:鳥取市河原町布袋556
電話番号:0858-76-3333

店舗名:味の散歩道 前田商店
住所:鳥取市福部町海土201
電話番号: 0857743211

店舗名:かろや商店
住所:鳥取市元魚町3-201
電話番号:0857223914

店舗名:浦辺商店
住所:鳥取市気高町宝木275-6
電話番号:0857-822773

店舗名:浜下商店
住所:鳥取市賀露町西4-1803-2
電話番号:0857282391

店舗名:村上商店
住所:鳥取市川端418032
電話番号:0857223645

さらに詳しい情報はこちら→「鳥取とうふちくわ総研」ホームページへ


1 件のコメント: